総量規制対象外のカードローン

消費者金融系のカードローンの借りすぎや貸しすぎを防止する目的で、2010年に制定された総量規制という法律があります。この法律により消費者金融系では、年収の3分の1以下までしか借り入れができなくなりました。これにより急な大きな出費が来た時に不安に思われる方や数社での借り入れを1社にまとめたいなと思っている方にとっては少し不便になってしまいました。そういった方には銀行のカードローンがオススメです。消費者金融系のカードローンと銀行のカードローンは同じと思われている方が多いかもしれませんが銀行のカードローンは総量規制の対象外なのです。

 

ですので、銀行のカードローンでしたら年収の3分の1以上の融資も可能ですし、消費者金融系のカードローンでしたら手続きが色々と面倒な専業主婦の方の貸出にも対応しています。また、申込も簡単でインターネット環境下でパソコンで申込ができたり、レイクや東京三菱UFJ銀行でしたら自動契約機もありますので、申込の時間帯によっては、即日審査、即日融資も可能になっています。このように総量規制対象外なので、1社にまとめるのにも利用できますし、実質年率も消費者金融系に比べて安いところも多いです。何かと自由が聞く銀行系のカードローン是非検討されている方は参考にしてください。