おまとめローンでお金を借りるとは

CMや駅などのポスター広告により、キャッシングは私たちの身近な存在となっています。そのためキャッシングを利用している方は多く、キャッシングを利用されている中には複数のキャッシングから融資を受けておられる方もいます。
しかし、複数のところから融資を受けているため返済日がそれぞれ異なっているために返済日にいつも追われているような感覚に陥ることが多く返済をしている実感があまりないという方もいます。そのような方にオススメなのが「おまとめローン」です。

最近ではCMでも流れていますので徐々に認知され始めていますがそのメリットはなんといっても借入先を一つにまとめることにより精神的な負担が大きく減らせることにあります。
また、借入先が一つなので現在の自分の借入額も把握できますので、計画も立てやすいです。

しかし、消費者金融のキャッシングですと総量規制の法律により年収の3分の1以下しか融資を受けられませんので、おまとめローンを申し込むには銀行のキャッシングを利用することをオススメします。それにより、年収の3分の1以上の融資を受けられることになります。
また、各社の実質年率はお金を多く借りるにしたがって安くなる傾向にあります。例えば2社から実質年率18%で50万円借りている状況を実質年率10%で100万円借りている状況とでは5年間払い続けると支払合計が2社の方が約152万円、1社の方が約127万円と25万円もの金額が浮くことになります。このように1社にまとめることにより、精神的にも金銭的にも負担はぐっと減ります。



おまとめローンの仕組みについて詳しく解説

最近ではよく言われている「おまとめローン」ですが、うまく利用すればとてもお得になるサービスです。「おまとめローン」というものを簡単に説明すると名前の通り2社以上のところから借りているものを1社にすべて借りなおすというものです。

「おまとめローン」のメリットとしては複数借りている状況では、返済日に追われており、精神的なゆとりがなくなってしまうのに対し、「おまとめローン」を利用することにより、返済日は1回だけになり精神的にも楽になりますし、現在の借入金額の把握が容易になり、計画的に返済が行えるメリットがあります。また、キャッシングの実質年率は融資額が大きくなるにしたがって低くなりますので、例えば2社で50万円ずつ実質年率18%で借りている状況を一つにまとめて100万円を実質年率10%で借りることも可能です。実質年率が8%違うと5年間で完済すると仮定すると約25万円も変わってきますので、かなり大きな金額の差が出ます。次に「おまとめローン」を利用するキャッシングは銀行系のカードローンを利用しましょう。
2010年に制定された総量規制の影響により、消費者金融系のカードローンでしたら年収の3分の1以下しか借りることができません。しかし、銀行のカードローンは総量規制の対象外となっていますので、年収の3分の1以上の融資が可能です。また、消費者金融のカードローンと実質年率を比較しても銀行のカードローンの実質年率は安くなっていますのでお得です。このように「おまとめローン」を利用することにより、とても返済の負担が減ります。是非複数のところから融資を受けられているかたは参考にしてください。